オーダーメイドユニフォーム

高密度織物の特徴を活かし、現場に最適なオリジナルユニフォームを。

専門的な仕事環境において、適切なユニフォームは作業の効率や質に大きく関与します。たとえば、土木・建築、製造・加工、看護・介護といった現場で、快適性や安全性、健康への配慮、デザイン性、動きやすさは、重要なポイントとなります。

第一織物では、合繊織物産地・福井で多様な産業資材を創り出してきたノウハウを活かし、高密度織物技術を追求しています。実際の作業場やヒアリングなどを通してお客様のニーズに合わせた解決法を見出し、高密度織物の特徴を活かしたベストなユニフォームを提案いたします。

実例1:耐久性と防汚性の高い専用ユニフォーム

クライアント

水産物の荷受会社

相談内容

活魚を扱っていると、制服はもちろん下着にまで汚れや臭いが染み付いて洗濯しても落ちない。魚の返り血やヌメリ、海水の飛沫などが流水で簡単に落とせて、容易に手入れもでき、着脱しやすい作業服を探している。

解決提案

防水・耐水・撥水性を併せ持つ高密度織物DICROSと、防風性と伸縮性を共存させたPliantexを採用。海水や雨からガードし、防風性で体温低下を防ぐ機能を充実させた。両素材ともノンコーティング&ノンラミネートのため、身体から出る蒸気をウエアの外に放出し、蒸れにくくした。さらに、家庭洗濯レベルでの高度な除去性能と耐久性を実現する耐久防汚加工「Lipguard」を付加して、専用ユニフォームを完成させた。

成果/現場スタッフの声

活締め担当

以前のユニフォームよりも残臭が少なくなった。洗濯での魚の血も落ちやすくなり、また、すぐに乾くのでお手入れも簡単。

鮮魚担当

撥水力がすごい!作業していても海水で濡れる心配がなくなった。作業着も防寒着も軽くて動きやすい。

作業現場員

防寒着を洗濯後、乾かしたら、びっくりするほど乾きが早かった!防寒着なのに。

実例2:オリジナルのトリマー用エプロン

クライアント

トリマー養成学校

相談内容1

トリマーの養成学校を始めるのにあたって、オリジナルのトリマー用エプロンとかっぽう着がほしい。動物の毛を通さず、扱いやすく丈夫で服を汚さず、水を弾くように。また、学年・学科で区別ができるようにしてほしい。

解決提案1

丈夫でありながら動きやすく、細かな動物の毛を通さない、撥水・透湿にも優れた高密度織物DICROSでエプロンとかっぽう着を作成。また、学年や学科によって異なるカラーを用意した。毎年、数量や生地カラーは打合せを行って決定。年度途中の追加注文にも対応している。

相談内容2

校外学習など学外での活動をする際に有用なおそろいのジャンパーがほしい。

解決提案2

防水・撥水・透湿・防風性を備え、丈夫で且つゴワつかないDICROSを使ったジャンパーを作成。軽量で動きやすいため、屋内・屋外問わず使用できる。

相談内容3

実習に使用するタオルがほしい。

解決提案3

吸水力の高さを備えた弊社オリジナルドッグタオルに、学校名と氏名を刺繍。

成果

卒業生から、就職先のペットショップでユニフォームとして利用したいと注文をいただいた。